写真を始めたい! 色々なカメラの種類 二眼レフからミラーレスまで

2020-05-07

前回でレンズのはなしをしましたが、今回はそれを取り付けるボディのはなし。
デジタルカメラで主流なカメラボディといえば一眼レフミラーレスですが、そもそもその呼び方がなぜ発生したのか?
様々なタイプのカメラのはなしをしながら説明していこうと思います。

二眼レフ

名前の通り、ふたつのレンズとレフレックス(反射板)があるカメラです。
上のビューレンズで構図やピントを確認して、実際には下のテイクレンズで写真を撮ります。
そのためほとんどの機種がレンズ固定式で交換できません。
中版フィルム、と呼ばれる通常の35mmフィルムより大きなフィルムを使うカメラが多く、より奥深い描写が魅力です。


レンズからはいった光が内部の反射板(レフレックス)に反射して、上にあるフォーカシングスクリーンという半透明の板に写ります。
ミラーを一度しか通らないので、左右反転した像が写し出されます。
ピントはリアルタイムで確認できますが、確認用と撮影用のレンズに高低差があるため、微妙に視差(パララックス)が発生します。
そのため厳密な構図で写真を撮るのが構造的に難しいですが、ミラーが固定式なので撮影時にあまり音がせず、また撮影時にファインダーを上から覗き込む様子がお辞儀をしているようにも見え、上品なカメラと形容されます。
ドイツのRollei(ローライ)というメーカーのRolleiflex(ローライフレックス)が有名です。


Rolleiflex Automat MX Zeiss Opton Tessar 75mm f3.5

レンジファインダー


Leica WEBSITEより
カメラにあまり興味のない人でも聞いた事のあるであろう超高級カメラ、Leica(ライカ)が代表的なカメラです。
レンジ(距離)ファインダー(見つける)の通り、ピントを実像ではなく、対象との距離で合わせます。


レンズを通っていないファインダーの中に、レンズのミリ数による枠が複数あり、その中には実像(ファインダーを通してみえる実際の景色)と虚像(レンズのピントリングとリンクして左右に動くうっすらと見える像)のふたつが重なった部分にピントがあうようになっています。(構造的には”写ルンです”と一緒です。 通じなかったらどうしよう。。。!)
なんだか難しそうですが、慣れると一眼レフのピントよりわかりやすい、という人もいます。
ミラーがないためにカメラ自体がコンパクトでシャッター音も静かです。
ライカに代表される超高級カメラ、というイメージのせいか持っているだけで達人感がありますね(笑)


Ernst Leitz Wetzlar Summar 5cm f2

一眼レフ

写真がフィルムからデジタルへ変化しながらもメインストリームたりえた、言わずとしれたカメラの代名詞です。
レンズがひとつで済むので一眼レフ、と呼ばれます。

内部ミラーとプリズムに反射されたOVF(光学式ビューファインダー)には常にリアルタイムの構図とピントが表示され、シャッターを切る瞬間のみミラーが跳ね上がるため、ファインダー内と実際の写真に誤差がないのが特徴です。
フィルムがあった場所にセンサーが置かれ、背面に液晶モニターが追加されましたが基本的な仕組みはフィルム時代から変わっていません。


canon 1Ds markII+EF16-35mm F2.8L


canon 1Ds markII+EF70-200mm F2.8L

ミラーレス

一眼レフのミラーを取り払い、レンズから直でセンサーに光を届ける構造をしているのでミラー"レス"と呼ばれます。
そのぶんコンパクトで、レンズからセンサーへの距離が短いのはレンズ設計の自由度が高いと言われています。
シャッターを切る時に動くミラーがないので、機種によってはまったくの無音で写真が撮れます。
構造上OVFを搭載できないので、ファインダーがある機種にはすべてEVF(エレクトリックビューファインダー)と呼ばれる小さいモニターが搭載されています。


SONY α7s+Nokton classic 35mm f1.4


SONY α7s+EF16-35mm F2.8L

ミラーレス? レンジファインダー?? ジャンルを超えた変態カメラ

と、ここまで各カメラの構造やらを説明してきましたが、そのジャンルというか、構造を超えたカメラを開発したメーカーがあります。
国産フィルムメーカー、FUJIFILM(フジフィルム)です。
最近ではその開発力フィルム生産のノウハウを生かし、医療機器なども製造しているメーカーですが、そのフジが送るX-Pro2は基本的にはミラーレスなのですが、そこにレンジファインダーのOVFを搭載、かつそこにEVFへの切り替え、さらにはOVF+右隅に小さなEVF、という誰も見たことのないファインダーを搭載しています。
その名も“アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー"(長い!)
構造を見るだけでクラクラしますね。。。!

FUJIFILM official siteより
OVFとEVFのイイトコどり、といったトコロですがシステムが独自すぎて使うほうがついていけないという事態に。。
最新機種のX-Pro3では背面液晶も隠す、というトンガリっぷりです。
ライカやフィルムカメラ好きにはたまらないカメラですね!

いかがでしたでしょうか?
次回は現在主流となっている一眼レフミラーレスその違いやメリット・デメリットなど話していこうと思います。

created by Rinker
Leica
¥753,800 (2021/07/27 12:31:26時点 Amazon調べ-詳細)