PC(パソコン)を使ってライブの同期システムを作ろう!!必要な機材、接続方法まとめ

こんにちは、前回はライブで同期をするための様々な方法をご紹介させていただきましたが今回はPC(パソコン)を使ったちょっと上級編の記事となります。

▽前回の記事

PCを使った同期システムで必要な機材

まずは以下の3つを揃えましょう

・DAWソフトが入っているPC(ノートパソコン)

・オーディオインターフェース(4アウト以上の機能があるもの)

・小型ミキサー

created by Rinker
Behringer(ベリンガー)
¥21,451 (2021/09/26 23:58:09時点 Amazon調べ-詳細)

接続方法

下図のように接続します。

ポイント1

DAW側で「PA渡しの同期ミックス」をアウトの1-2、「ドラマー用のクリック付き同期ミックス」をアウトの3-4にアサインしましょう。

ポイント2

小型ミキサーにはPAさんからモニター送りを「ライン」でもらってミキサーへ入力しましょう。これによりモニタースピーカーから聞く必要が無くなるので両耳にイヤフォンをした状態で演奏することができます!

まとめ

いかがでしょうか?導入機材自体は最低限揃えればすぐにでも始められる内容かな?と思います!今回は接続方法についてまとめてみましたが、DAW側の設定や同期音源の作成などについてもまとめていければと思います。当サイト運営元のアトヨンサウンドファクトリーではレコーディングスタジオ「サウンドスタジオキッカ」も運営しておりますのでレコーディング後に同期音源の作成、相談なども承っております。もしご興味ありましたらスタジオへもお気軽にお問い合わせくださいね!